MENU

40代女性の薄毛〜見た目年齢を5歳若くする方法

40代の女性にとって、髪の老化は老けて見える大きな要因です。そして老化が表れやすい場所の一つが頭髪ですので、早めに対策をして見た目の若返りを心がけたいものです。
今回は、40代で老けて見えないように薄毛対策の方法をご紹介します。

 

見た目年齢は髪の印象で決まる

見た目年齢に大切なのは髪型や髪の印象だということをごご存知でしたでしょうか。肌や着るものは、老けて見えないように気を配っていても、髪型が決まっていないと一気に老けて見えてしまいます。髪の印象はとても大切なので、老けて見えないように、しっかりと整えておくことが大切です。40代を超えて髪に訪れる変化は、ハリ、コシ、ツヤがなくなることや、ボリュームダウンなどです。これらはすべて老けた印象の原因となりますので早めの対策が必要です。

 

40代で始める薄毛ケア

40代になって薄毛が進行するのは、女性ホルモンの影響のためです。女性は、40代に入るとどんどん女性ホルモンが減少して、50才前後の閉経に移行していきます。女性ホルモンの影響で、育毛や美しい髪を保つ働きが弱まり、髪のボリュームダウンや髪質の劣化などに繋がります。そこで40代に入ったら、まずは状態が悪化しないように早めに薄毛対策をしておくことが大切です。40代の薄毛対策で大切なのが、少しずつ毎日できることを習慣化していくことです。そこで、40代に入ったらおススメの薄毛ケアとして、頭皮マッサージや頭皮ツボ押しなどがあります。頭皮マッサージやツボ押しは頭皮の血行を高め、抜け毛を防ぐことに繋がります。薄毛が40代で悪化しないように、1日2回、朝夕繰り返すことで、50代以降の薄毛に進行しにくくなります。頭皮マッサージの時に、育毛剤や育毛ローションなどを併用するとさらに効果が高まります。育毛剤なんて中年のものだ、まだそれほど症状が進んでいるわけではないので少し早いと思われているかもしれませんが、実はそれが大きな落とし穴です。確かに、40代の薄毛は一時的な症状である場合もありますが、ケアを怠るとそのまま50代の薄毛に進行していきます。そのため、早めに対策をして症状を回復させておくことが重要です。そして毎日の生活の中で薄毛ケアを取り入れることも重要です。薄毛に良い食品を摂ることが最も有効な薄毛ケアです。薄毛にはビタミンやミネラルを豊富に含んだ食品や、髪の主成分となるたんぱく質を含んだ食品が有効です。そして、抜け毛や薄毛に繋がる脂っぽい食事や糖分の多いものは控えバランス良い食事を摂るようにしていきましょう。緩やかな育毛ケアを毎日続けていくことが40代の薄毛ケアには最も大切です。

 

 

 

日々髪の毛を健康な状態に整えるため、育毛効果を得る対策には、頭の皮膚への必要以上の頭皮マッサージは決して行わないように注意してくださいね。様々なことに関していえますが良い結果を生みません。一般的にびまん性脱毛症は統計的に見ても中年以降の女性に生じやすく、女性に発生する薄毛の特に大きな主因とされています。要約すると『びまん性』とは、毛髪全体に広がるといった症状をいいます。昨今、AGA(androgenetic alopeciaの略)という医療用語を見聞きされたことがあるかとお見受けします。日本語にすると「男性型脱毛症」であり、主にあるものとしては「M字型」の場合と「O字型」に分類されております。自分で考えた薄毛に関する対策はやっているわけだけど、なんとなく心配がなくならないという人は、何はおいても1回薄毛対策を専門に取り扱っている病院へ直接相談するとベターではないでしょうか。数年後薄毛が進行するのが気がかりになっているような方が、育毛剤を脱毛を防ぐ目的で上手く使うことが行えます。薄毛が生じる前に用いれば、抜毛の進み加減を抑制することが期待できます。

頭部の皮膚部分を綺麗な状態にしておくには充分にシャンプーするのが一等有益な方法といえますが、よくある洗浄力が優れたシャンプーだとかえって逆効果を生み、発毛・育毛に対してとっても酷い影響を与える可能性があります。中でもお勧めする商品が、アミノ酸を含んだ育毛シャンプー。不必要な汚れだけを取り去る選択性洗浄機能を備えたアミノ酸は、刺激に弱い地肌エリアの洗浄に関して最善な化学物質に違いありません。現代においてストレスを無くすのはなかなかに難しいですけど、出来るだけストレス・プレッシャーが蓄積しないようなライフスタイルを維持していくことが、はげ抑制のために重要事項だと思います。あなた自身がどういったことで髪の毛が抜けてしまうかという原因にピッタリの育毛剤を常用することで、ちょっとでも抜け毛を抑えることが可能で健康な頭髪をまた取り戻す力強い働きをしてくれます。紫外線が強いような日は日傘を差すといったことも必須の抜け毛対策であります、極力UVカットの加工されている商品を選択すべできです。外出の時のキャップやハットかつ日傘は、抜け毛対策を行う上で必須品であります。

 

男性特有のハゲには、AGA(androgenetic alopeciaの略)や若ハゲ、円形脱毛症などなどいくつもパターンが存在し、正しくは、個別のタイプごとで、要因そのものも一人ひとり違いがあるものです。一般的に薄毛に関しては、まったく毛髪が少なくなったような状況よりは、毛根が消滅することなく幾らか生き残っている事が言え、発毛や育毛の効力もありますのでご安心を。若い10代なら最大に新陳代謝が活発な期間ですから大部分の人は治癒しますが、ところが60代になるといわゆる老化現象のひとつとなるように、年代別ではげの特徴と措置は違いが見られます。しばしば薄毛に対する不安が心理的ストレスとなってしまうことによってAGAを一層進めさせてしまう場合も多々ありますために、なるべく一人で悩みを抱いていないで、良い治療をちゃんと受けることが重要であります。遺伝的な問題が関係しなくとも男性ホルモンが過剰に分泌を起こしたりといったような身体内のホルモンのバランスの変化が作用してハゲ上がるという場合もよくあります。