MENU

女性の髪が細い原因

髪の毛が細くなると薄毛や抜け毛になりやすくなります。一般的に髪が細くて柔らかいタイプの人は薄毛や抜け毛になりやすく、太くて硬い髪の人は白髪になりやすいと言われています。そのため、髪の太さや硬さ薄毛や抜け毛とも大変関連があります。特に女性の場合、男性に比べてもともとき髪が細いので、髪が細いことで薄毛や抜け毛が起こりやすいです。
今回は女性の髪が細くなる原因についてお話します。

 

女性はもともと髪の細い人が多い

女性の毛が細くなるのは、主2つのタイプがあります。一つは、生まれつき髪の毛が細くなる遺伝要因です。このようなタイプの人は、猫毛といわれるような髪質で、髪のボリュームがなく、ペタンとした髪の印象があります。生まれつき髪が細いのは、毛穴が細いので、それ以上髪が太く育つことはありません。そのため、もともと髪が細いタイプの人はダメージヘアになりやすく、薄毛や抜け毛を起こしにやすいです。特に、女性にはこのような髪質の方が多いです。

 

加齢の影響

女性で多いのが加齢の影響です。女性は加齢とともに、女性ホルモンが低下していきます。女性ホルモンは、20代をピークに30代ごろから徐々に減少して、閉経に向かってどんどん低下します。女性ホルモンに含まれるエストロゲンは、髪の主成分であるコラーゲンを生成する働きがあります。このエストロゲンが加齢とともに減少すると髪の生成が行われなくなります。そして中高年になり女性ホルモンが減少すると男性ホルモンが優位に働くようになります。男性ホルモンは、抜け毛や頭皮の皮脂の分泌を促進する働きがあります。このように多くの中高年女性が経験する髪が細くなる原因は、ホルモンバランスの影響によるものだと言えます。

 

乱れた食生活が抜け毛を招く

そして、遺伝以外の要因として、食生活の影響があります。髪が細くなるのは、髪の成長に必要な栄養素が髪に十分行き届かなくなることもあります。普段の食生活で、髪の成長に必要なタンパク質や銅や亜鉛など髪の生産工場である毛乳頭に補われないと、頭皮の細胞分裂が行われず毛乳頭が小さくなっていきます。結果、頭皮は不健康な状態となり、強く丈夫な髪が育たなくなります。これが髪が細くなる原因です。

 

パーマやヘアカラーの影響

そしてもう一つはパーマやヘアカラーの影響です。パーマやヘアカラーに含まれる薬品は髪にダメージを与え、髪を細くする原因となります。パーマ液に含まれる薬品は、髪のケラチンを切り離し熱を加えることで、髪の強度が落ちて弾力を失うと、弱くて細い髪になります。ヘアカラーの成分にも強い染色効果のある成分が含まれています。ヘアカラー液の成分は、髪のキューティクルを破壊してカラーリングしていくので、これも髪にダメージを与え細くする要因となります。

 

 

育毛クリニックでの抜け毛治療を受ける折の最も新しい治療費用は、内服外用の医薬品に限っての治療に比べて大分高額になりますが、その分その時の様子によってはすごく良い成果が現れることがあるようです。育毛するにも幾多の予防策があります。育毛剤やサプリなどというのが典型例として挙げられます。けれども、その中でも育毛シャンプー剤はどれよりも最も重要な働きを担うヘアケアグッズでございます。ある程度の数量の抜け毛であったら必要以上悩むことはございません。抜け毛の状態に必要以上に考えすぎてしまっても、結果ストレスになるでしょう。実のところ抜け毛をストップさせるための対策には、家にいつつ行うことができる日常のお手入れが特に大事でありまして、年中欠かすことなくお手入れするかしないかによって、先々の毛髪の様態に開きが生じる確率が高いです。薄毛&抜け毛の悩み事を持っている方が大勢いる時代でございますが、それらの状況から、ここへきて薄毛や抜け毛治療を目的としている育毛の専門機関が日本各地にオープンしています。

一般的に世間では、抜け毛および薄毛対策に効き目があるとうたっているような商品が数え切れないくらいあります。シャンプー・育毛剤・トニック用品その他にも飲み薬とかサプリなど体内外からアプローチできるものも存在します。病院・クリニックで治療をする時に、とてもネックとなってしまうのが治療費であります。抜け毛と薄毛の治療をする上では保険制度が利用不可のため、無論診察費及び薬などの医療費がとても高くなるので覚悟が必要です。薄毛治療の時期は約40〜50回ある毛母細胞の分裂の回数に幾分か余裕が残っている内に取り掛かり、毛母細胞の残っている分裂回数のヘアサイクルの動きを、いち早く自然な環境にするのがとっても大切なことです。事実頭の髪の毛をいつまでもずっと若々しいままで保っていきたい、そして抜け毛や薄毛を防止することが叶う手段があったら行いたい、と気になっているといった人もとても多くおられると存じます。国内で抜け毛および薄毛のことに関して意識している"男の人の数は大体1260万人いて、"その中で何か自分で方法で改善を目指している男性は500万人位とされています。この状況からもAGAは珍しくないと

 

薄毛および抜け毛など、頭髪治療専門の医療施設を訪問する人数は徐々に右肩上がりの傾向にありまして、その中には老いることによって引き起こる薄毛の症状の悩みはもちろん、20・30歳代の若い年齢層の人からの相談も多くなりつつあります。通常薄毛対策のツボ押しの上手いコツは、「このくらいが気持ち良い!」程度でよくって、正しい押し方は育毛効果があるとされています。その上日々コツコツと実行し続けることが結果育毛につながります。事実抜け毛対策をするにあたり第一に取り組まなければならないことは、是が非でもシャンプーの成分を要確認することでございます。一般に売られている商品のシリコンを含む界面活性剤シャンプーなぞは実に言語道断です!実は抜け毛をしっかり注視すれば、その髪の毛が薄毛による髪の毛であるか、あるいはまた自然に起こるヘアサイクルによって抜け落ちた髪かどちらか判別出来るのです。一般的にAGAにおいては進行性でございます。お手入れをそのままにしておくとさらに髪の数は減っていって、少しずつ地肌があらわになってくるもの。そういうわけでAGAは初期からの予防が必要不可欠と言えます。