MENU

髪を太くするにはどうする?

髪の毛が細くになるにはいくつかの原因がありました。生まれつき髪が細い髪質である人は、どんなにケアしても髪質を変えることはできません。しかし、髪がこれ以上細くないように対策することはできますし、それ以外の原因は対策方法がいくつかあります。今回は女性の髪が細くなる対策方法をご紹介します。

 

食事改善で髪を太くする

一つ目の対策方法は、食事改善です。頭皮の良い状態を保ち髪の成長を促すのに必要な栄養分をしっかりと摂取することです。頭皮や髪に良い栄養分としては、ビタミンB、ビタミンE、アミノ酸、亜鉛などがあります。女性の場合は、血行不良を起こしやすいので、体の血流が悪なって頭皮の血行も悪くならないように、血流促進によい成分や髪の成長に必要な成分をとることが大切です。これらの栄養素が不足すると毛根の細胞分裂が滞り、毛乳頭も小さくなるので髪が細くなっていきます。そして女性が加齢によって減少してくる女性ホルモンを補うために大豆イソフラボンも有効です。これらの栄養素を毎日の食事の中で積極的に摂取して、健康な頭皮と上手な髪を作りましょう。

 

頭皮マッサージで髪を太くする

もう一つは、頭皮マッサージです。髪を太く強くするには、頭皮の血行促進が最も重要です。頭皮の血行が悪くなると頭皮が固くなり、毛根に栄養が行き届かなくなり、その結果髪は成長しきらないまま生えてきます。そしてこれが細毛の原因となります。そこで、その対策方法として頭皮のマッサージがあります。太くて丈夫な髪を作るには、その土壌である頭皮が良い状態であることが大切です。頭皮の血行が良くなると、髪の成長に必要な栄養を送れるようになります。それには1日2回のマッサージが有効です。頭皮マッサージは、朝夕2回、お出かけ前や入浴後に行うと効果的です。頭皮全体をもみほぐすようにしっかりとマッサージして、この時にマッサージオイルや育毛剤などを使うとさらに効果が高まります。時間は10分程度で良いのでできるだけ毎日繰り返すようにしましょう。

 

ヘアケアに気をつけよう

そしてもう一つは、髪が細毛にならないヘアケアを行うことです。まずは細毛を招くヘアケアややめることです。ヘアカラー、パーマなどが最も髪や頭皮に刺激を与えます。しかし、まったく行わないというわけにいかないなら、頻度はできるだけ少なめにして2〜3か月に1回程度にしましょう。そして、できるだけ髪に優しい成分のものを使うようにしましょう。ヘアカラーやパーマ後のトリートメントやダメージ補修をかならず行い、細毛が進行しないように気をつけましょう。もう一つは、ヘアシャンプーの変更です。髪にダメージを与える高級オイル系のシャンプーから髪に優しいアミノ酸系シャンプーに切り替えることで髪へのダメージは最小限に抑えられます。また、まだ育毛剤は早いと思われる方でも、少し早めに育毛剤などを積極的に使い始めると細毛を未然に防ぐことができます。

 

 

本来育毛シャンプーにおいては、皮脂量が多い方向けのものや乾燥タイプ用などそれぞれのタイプに分類されているのが色々あるので、あなた自身の頭皮の種類に最も合ったタイプのシャンプーをチョイスことも大切といえます。近ごろ、抜け毛における治療薬として世界の様々な国々(約60ヶ国)で販売&承認されている医薬品「プロペシア錠」を内服して行う治療のケースが比較的増えていると報告されています。男性である場合、早い人で18歳を過ぎた頃からはげあがってきて、30代の後半より急にハゲの範囲が広がることもあって、年齢とか進行速度にずいぶん差がございます。実際、額の生え際の辺りから後退していくといったケース、または頭のてっぺんから抜け落ちていくケース、2種が混合したケースなどの、各人により色々な抜け毛の流れが起こるのがAGA(エージーエー)の特徴的な面です。頭部の髪の成分は99%何種類ものアミノ酸が合わさったケラチンという「タンパク質」が構成されてできております。そんな訳で体の中のタンパク質が足りていないような場合、頭の髪の毛はちゃんと健やかに育たなくなり、はげになりかねません。

 

とにかく薄毛の様子が進み緊急性を要するといった場合だとか、大きなコンプレックスを抱えている時には、是非安心できる病院において薄毛治療に取り組むのが最も良いです。洗髪の回数が多いと、地肌を覆いかぶさっている皮脂自体を取りすぎ、はげを一層進めさせてしまうといえます。もしあなたが乾燥肌の際は、シャンプーするのは一週間で2〜3回くらいだとしてもよいといえます。一番にお勧めする商品が、アミノ酸育毛シャンプーです。汚れ(皮脂・ゴミ)だけを落とす選択性洗浄機能をもっているアミノ酸は、とても繊細な頭皮表面の洗浄にとって最適な美容成分なのです。日傘を差すということも大切な抜け毛の対策であるのです。出来る限りUVカット加工がされたタイプをセレクトするようにしましょう。外に出る際のキャップやハットと日傘においては、抜け毛対策を行うにおいてマストアイテムです。AGA(薄毛・抜け毛)はつまり進行性の疾患です。何もしないでずっとほうっておいたりすると結果頭部の髪の毛のボリュームはダウンしていき、ゆっくりと薄くなっていってしまいます。そのためにAGAは進行する前の早めの時期からのケアが大事であります。

 

いわゆる”びまん性脱毛症”とは中年女性に現れやすくって、女性に発生する薄毛の主要な要因だとされています。この「びまん性」とは、頭髪が全体的に薄くなって広がっていく意味を持ちます。薄毛に関して悩みだしたならば、なるべく早めに皮膚科系病院の薄毛治療をスタートすることで改善もより早くその後における頭皮環境の維持も続けやすくなると思います。例えば薄毛を気にかけることが精神的なストレスとなってしまうことによりAGAを悪化させる時もありますから、孤独に悩んでおらずに、信頼できる専門の医療機関にて治療を直接受けるということが大事といえます。血液の流れが悪い状態が続くと頭の皮膚全体の温度は下がっていき、必要とする栄養も十分な量を送ることが不可能です。もし可能なら血行を促進する種類の育毛剤を活用することが薄毛修復にはベターでしょう。汗をかきやすい方や、並びに皮脂の分泌量が多めの方は、当然1日1回のシャンプーで髪と頭皮の環境をキレイに保って、蓄積した余分な皮脂がますますハゲを生じさせないように注意することが大切だと断言します。