MENU

長春毛精の成分

ここでは女性向けの育毛剤長春毛精の成分と、その効果についてお話していきたいと思います。まず最初に成分名についてだけ御紹介しておきます。

 

成分 酢酸トコフェロール・グリチルリチン酸2K・ヒノキチオール・BG・ショウキョウエキス・大豆たんぱく水解物・ヒアルロン酸Na-2・感光素301・シャクヤク浸出液・人参エキス・トウキエキス・ヘチマエキス・ヨモギエキス・アロエエキス・ナノ化セラミド(ラウロイルグルタミン酸ジ(フォトテリル/オクチルドデシル))・メントール・紅花黄・米胚芽油・スクワラン・ベタイン・濃グリセリン・ラメチコン・ジカプリ酸ネオペンチルグリコール・POE硬化ヒマシ油・POE(20)POP(4)・セチルエーテル・無水エタノール・エデト酸塩・メチルパラベン他

 

次に一部重複しますが、成分を効能別に分けていこうと思います。まず最初は頭皮の血行促進に効果のある、抹消血管拡張剤の働きをする成分です。これには、酢酸トコフェロール・ショウキョウエキス・人参エキス・メントール・トウキエキス・米胚芽油が該当します。次は頭皮細胞の活性化や、ビタミン不足の補給に効果のある栄養補給剤の働きをする成分ですが、これには米胚芽油が該当します。そして次は頭皮の水分保持に効果のある保湿剤の働きをする成分ですが、これは女性が貧血を発端として頭皮の乾燥や炎症を招いて、薄毛になりやすいことから少し多めに配合されています。これには、大豆たんぱく水解物・ヒアルロン酸Na・ナノ化セラミド(ラウロイルグルタミン酸ジ(フォトテリル/オクチルドデシル))・ヘチマエキス・アロエエキス・スクワラン・米胚芽油が該当します。

 

次は肌の炎症を抑え、かゆみを予防する消炎剤の働きをする成分についてですが、これにはグリチルリチン酸2K・ショウキョウエキス・シャクヤク浸出液・アロエエキスが該当します。次は皮ふ呼吸の酵素を活性化する頭皮代謝活性化剤の働きをする成分についてですが、これにはヒノキチオールが該当します。次に皮脂を栄養とする微生物の活動を抑制する効果のある、抗菌・殺菌剤剤の働きをする成分についてですが、これにはヒノキチオール・感光素301・ヨモギエキスが該当します。最後は毛穴の酸化や活性酸素を抑制する効果のある、抗酸化剤の働きをする成分についてですが、これには米胚芽油が該当します。

 

 

長春毛精にはこのように育毛成分が豊富で、血行促進・保湿・栄養・かゆみ予防等の効果が、満遍なく発揮されるような成分が豊富で、女性向けの育毛剤ですので、血行促進成分と保湿成分が特に豊富に含まれています。産前産後の女性ホルモンの分泌量の変化や、生理・更年期・加齢に伴って栄養不足にならないよう、栄養補給や代謝の活性化にも目配りしています。長春毛精は日本の発毛育毛サロンのバイオテックと、中国吉林省にある漢方製薬の権威である、長春中医学院の共同開発によって作られた無香料・無着色の育毛剤ですが、一部添加物も含まれていますので、肌の弱い人や敏感肌の人は注意が必要です。

 

 

長春毛精公式サイト